歯の治療中 入れ歯

インプラントやホワイトニングの工夫

矯正歯科で治療を受ける子供

矯正歯科や審美歯科で行われているインプラントやホワイトニングですが、多くの矯正歯科や審美歯科でも様々な工夫が行われているのです。
矯正歯科で行われているインプラントは痛みや腫れを抑える工夫です。
インプラント治療というのは簡単に言えば手術になりますので、どうしても痛みや腫れが出る場合がありますので、それを不安に思う患者の為に工夫が行われているのです。
矯正歯科で行われているインプラントで行われるこれらの治療における工夫としては、まずは麻酔を複数使い分けるという事です。
矯正歯科で行われるインプラント治療ではジェル上の表面麻酔で針の刺激を抑えてから麻酔を打つのです。
また、手術中にリラックス出来る笑気ガスを使用する場合もあり、不安なく治療が出来るのです。
また、一部の症例では従来の方法ではなく歯茎を切らない手法のインプラントも出てきており、これにより痛みや腫れが劇的に抑えられるのです。
さらにレーザーを使用したりして治癒の促進を促す矯正歯科も増えており、インプラントの治療期間の短縮も進んでいるのです。
矯正歯科で行われているホワイトニングですが、ちょっとした心がけで更なる効果やホワイトニングを家庭で行う人も増えているのです。
ホワイトニングとは歯の色を白くするという事ですが、そもそも歯の着色汚れはステインが原因です。
ステインは唾液や水で流されるので、水を飲んだり重曹で歯を磨く等も効果的です。
ティースプーン1/4杯の塩、ティースプーン1/4杯の重曹をコップ1杯の水に溶いたものでうがいをすると特に効果的です。
ホワイトニングを行っている人も、ホワイトニングしようか悩んでいる人もこれらの作業をこまめに行う事で効果を持続させたり、元の状態を良くする事が可能です。
ホワイトニングは何度かに分けて行うので、良い状態を維持すると言う工夫も非常に重要です。

虫歯の治療だけではない歯科診療

矯正歯科で治療する子供

近年の歯科診療は虫歯の治療を行うだけではなくなってきています。
一般歯科の他に矯正歯科やインプラントやホワイトニングなどといった幅広い範囲の診療を行う歯科が増えているのです。
矯正歯科ではかみ合わせの悪い歯並びをもともとからある自分の歯を生かして治療します。
歯並びが悪い状態であると虫歯を引き起こしやすくなったり歯槽膿漏になりやすくなるといわれています。
矯正歯科では小児矯正や成人矯正によって、またその方の歯並びの状態によって矯正の種類が変わってきます。
矯正の装置自体も見た目が目立たない透明なものなどありますので、自分の希望がある場合は矯正歯科の医師にしっかり伝えるとよいでしょう。
また、歯科医院の矯正歯科によって使用する装置も方法も値段も違ってきますので、探すときはその点を注意して探すとよいでしょう。
インプラント治療は失ってしまった歯の代わりに人工の歯根と歯を作製する治療方法です。
インプラントは耐久性に優れている為アフターケアをきちんとすれば半永久的に効果が期待できます。
また自分の歯と同じような感覚で食べ物を食べることができ、見た目も自分の歯のように仕上がります。
インプラント治療での注意点としては、治療後の手入れを怠らないようにすることです。
手入れを怠ってしまうとせっかくのインプラント治療のメリットである永続性が減ってしまいますので気をつけた方がよいでしょう。
ホワイトニングとは審美歯科の一つで、歯を削らずに白くすることをいいます。
ホワイトニングにもいろいろな方法があります。
歯の漂白をするブリーチタイプやマニキュアタイプなど、また自宅で行うか歯科医院内でホワイトニングを行うかも選べます。
自宅と医院の両方でホワイトニングを行った方がより効果的といわれています。
これら矯正歯科、インプラント、ホワイトニングとどの診療を受ける時も事前に診療内容や料金をしっかりチェックすることが大事です。
また矯正歯科の専門医がいる医院やインプラント治療やホワイトニングそれぞれに特化している医院もあります。
歯科医院を選ぶときにはその点もチェックするとよいでしょう。